脳内将棋盤、養成講座(将棋上達の秘訣) 「天野宗歩」の名局を題材にして その12

今朝も通勤途中の「八重桜」を写して来ました。
ここ2、3日の風雨で少しだけ散った花弁もあったので
もう八分咲きといところでしょうか。でも、もうちょっとの間
この桜を見て楽しめそうです。

画像


さて、脳内将棋盤、養成講座 その12を始めます。

前回と同じく、2手ずつ2回進めます。いよいよ中盤の難所です。

まず、局面をじっと見つめて、脳内に焼き付けてください。目を閉じて
あなたのまぶたの裏に将棋盤と駒の配置がはっきりとイメージできる
まで、繰り返してください。

次に、そのイメージ上の将棋盤ので、棋譜の通りに駒を動かします。
その結果も強くイメージして、まぶたの裏に焼き付けます。

目を開けて結果の図面と比べてください。ぴったりと一致するまで
繰り返し練習します。この練習があなたを飛躍的に強くするでしょう。
ただし、その飛躍はすぐには訪れないかもしれません。成長は直線では
なく、階段状です。踊り場のところであきらめないことが肝心です。
練習を続けることで、必ず飛躍が来ると信じで続けてください。
【  】内の私のコメントも参考にしてください。

では、始めましょう。

画像


▲5五歩 △4三銀

結果①の局面
画像

【先手は5五歩と天王山を抑えます。後手は4三銀と王様の方に引き付けます。
この囲いは銀矢倉といって縦からの攻めにも横からの攻めにも強い、柔軟な
囲いです。なぜ縦からの攻めに強いのかは後で実戦譜が証明してくれます。】

次に上の局面をまた、強烈にイメージして、次の通り駒を進めます。

▲6八金上 △3一玉

駒を進めた結果をイメージして、次の局面と比べます。
画像

【先手は6八金と上がりました。これは「片矢倉」またの名を「天野矢倉」といって、
宗歩の得意形です。久米が逆用した形です。この形は角交換した将棋によく現れます。
通常の矢倉の7八金の形と違って6九に角を打たれ4七に馬を作られる隙を未然に
防いでいます。後手は3一玉として2二玉と堅い囲いをを目指します。】


いかがでしょうか?
私もこの方法で、鍛え直して「将棋倶楽部24」のレーティングを
まずは1700点に持っていきたいです。(現在1589点)

実現できた時は、皆さんにご報告いたします。

では、次回もお楽しみに。
棋聖 天野宗歩手合集
木本書店
内藤 国雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 棋聖 天野宗歩手合集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







将棋とチェスの話—盤上ゲームの魅力 (岩波ジュニア新書 (344))
岩波書店
松田 道弘

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 将棋とチェスの話—盤上ゲームの魅力 (岩波ジュニア新書 (344)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック