脳内将棋盤、養成講座(将棋上達の秘訣) 「天野宗歩」の名局を題材にして その22 (里見香奈特集)

今日は5月3日、憲法記念日、祝日です。こんな日も仕事の私ですが、
楽しみがあります。それは・・・里見香奈女流三冠が本日、東京将棋会館で
奨励会1級への編入試験対局に臨むのです。詳しくは以下のサイトをご覧
ください。
http://www.shogi.or.jp/topics/2011/04/post-405.html
http://www.shogi.or.jp/player/joryu/satomi.html
また、最近は更新されていないようですが、彼女のブログアドレスです。
http://sato-kana.jugem.jp/
今日の対局は奨励会の2級の女性2人と当たります。2連勝ですんなりと
合格できるのか、対戦相手の2人が「奨励会員」の意地を見せるのか?
楽しみです。
私はもちろん里見香奈女流三冠に合格してもらいたいですが、現在奨励会に
所属している女性にも頑張ってもらいたいです。
そして、是非史上初の日本将棋連盟の正会員である「プロ棋士」になって頂きたい。
そして、将棋を愛好する女性が増えて、将棋がもっと盛んになり、世界へと
広がっていってほしいと願っています。

さて、本日の脳内将棋養成講座です。
<本講座の利用方法>
①図面を見てしっかりと目に焼き付ける。まぶたの裏にはっきり
 としたイメージが浮かぶように練習する。
②そのイメージの将棋盤の上で棋譜通りに駒を進める。
③結果をはっきりとイメージし、次の図面と比較する。
④イメージと図面がぴったりと一致するまで繰り返し練習する。
⑤2手だけでなく、4手、6手と手数を延ばしてみる。

早速第1問

画像


はっきりとイメージしたあなたの脳内将棋盤上で、次の2手を
進めて、その結果も強くイメージしてください。持ち駒もはっきりと
イメージできていますか?
【  】内の私のコメントも参考にしてください。

▲6六金 △6四銀
【やむを得ない6六同金に、6四銀と目障りな歩を払い、飛車の
さばきを目指します。この銀は桂馬で取ることは出来ません。
角の射程が玉を直接狙っています。】

あなたの脳内の、結果の局面を次の図面と比較してください。
画像


さらに2手進めます。

▲6四銀 △同 飛
【6四の銀を桂馬では取れないので、これも仕方なく6四同銀と銀で
取ります。
そこで、6四同飛車と飛車を捌いて、大成功です。角のレーザー砲が
王様を睨んでいるので宗歩の飛車を桂馬で取ることが出来ません。
桂馬が金縛りになっているのです。
このままでは6六飛車と切られて、同角には5六角と出て王手飛車です。】

あなたの脳内の、結果の局面を次の図面と比較してください。
画像


いかがですか?角のにらみを最大限に生かして、飛車を相手の桂馬の
ききにさばいていく手順!
見事の一言に尽きます。

次回はもっとドラマチックな手が出てきます。お楽しみに。
棋聖 天野宗歩手合集
木本書店
内藤 国雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 棋聖 天野宗歩手合集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け
双葉社
里見 香奈

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いちばん勝てる将棋の本
日東書院本社
里見 香奈

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いちばん勝てる将棋の本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






女流四冠 里見香奈扇子「大志」
公益社団法人 日本将棋連盟
商品仕様 揮 毫  大志 (たいし)肩書き  肩書は書いてありませんので、ご了解くださいサイズ  長

楽天市場 by 女流四冠 里見香奈扇子「大志」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け
双葉社
里見 香奈

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Bryon1991
2012年10月07日 10:56
ああ!最後に私は私が探していたものを見つけました。時にはそれは情報であっても小さな有用部分を見つけるために多くの努力を要する。よろしく

この記事へのトラックバック