脳内将棋盤養成講座(将棋上達の秘訣) 第2弾 「大橋宗英」の名局を題材にして その5

今日はさわやかな朝でしたが、電車がぎゅうぎゅうで、通勤だけで
疲れました。

さて、脳内将棋盤養成講座(将棋上達の秘訣) 第2弾 「大橋宗英」の
名局を題材にして その5 をお送りします。

<本講座の利用方法>
①図面を見てしっかりと目に焼き付ける。まぶたの裏にはっきり
 としたイメージが浮かぶように練習する。
②目をつぶり、そのイメージの将棋盤の上で棋譜通りに駒を進める。
③結果をはっきりとイメージし、次の図面と比較する。
④イメージと図面がぴったりと一致するまで繰り返し練習する。
⑤2手だけでなく、4手、6手と手数を延ばしてみる。

では今日の最初の局面です。
画像

2手進めます。【  】内の私のコメントも参考にして、進めた結果を
はっきりとイメージしてください。

▲5四歩 △同飛
【宗英の5四歩は、私にとっては驚きの1手です。後手の飛車を近づけて、
当たりを強くして、受けやすい局面にするというのは、後から考えれば
理屈の上では理解できますが、この局面で、何もないところに歩を突き
出すのは、余人にはできないことだと思います。後手は当然同飛です】

あなたの脳内将棋盤のイメージと次の局面を比べてください。
画像


また、2手進めます。

▲6九角 △4一玉
【宗英は相手の飛車を上ずらせておいてから、6九角と引いて、2四歩を
狙います。後手は流れ弾に備えて、4一玉と居玉を避けました】

あなたの頭の中のイメージの局面と次の局面を比較します。
画像


さらに2手進めます。

▲5六歩 △5五歩
【宗英は2四歩からの角交換を狙っていますが、その前に相手飛車の射程を
さえぎって、5六歩とします。後手の宗桂は、このまますんなり角交換されては
8二角の打ちこみや、6四銀の「歩越し銀」が負担になると見て、5五歩として
銀や飛車のさばきを図ります】

あなたのイメージと次の局面を比べてください。
画像


いかがでしょうか?端歩の位置や、持ち駒も正確にイメージできましたか?
未だ序盤で、持ち駒も数ないので比較的イメージしやすいですが、だんだんと
複雑になってきます。
あきらめずにイメージの練習を続けましょう。
ある時、一気に視界が開けるのです。そこがあなたの棋力の飛躍ポイントです。
今までの好敵手に一段と差をつけることができるでしょう。

次回は、宗英の面目躍如、力強い「受け」の1手が飛び出します。
お楽しみに!
日本将棋大系〈8〉六代大橋宗英 (1979年)
筑摩書房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本将棋大系〈8〉六代大橋宗英 (1979年) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




寄せの手筋200
楽天ブックス
最強将棋レクチャ-ブックス 金子タカシ 浅川書房発行年月:2010年04月 ページ数:230p サイ


楽天市場 by 寄せの手筋200 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




棋聖 天野宗歩手合集
木本書店
内藤 国雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 棋聖 天野宗歩手合集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック