「将棋倶楽部24で勝ち抜く方法・・・2011.12.3

今日は、「将棋倶楽部24」で4局差して3勝1敗でした。
まあまあかな。レーティングは1707点から1739点に上がりました。
すべて、持ち時間15分でその後1分将棋です。
「将棋倶楽部24」で指し始めてからかれこれ10年近くになりますが、
ほとんどの対局は15分の持ち時間でやって来ました。
30秒将棋の早指しは得意じゃないし、将棋が荒れます。
(ただ単に、頭の回転が遅くなってきているだけとも言う)
1局目は、右四間飛車と矢倉模様の対抗から例の飛車切りから
7一角打ちの筋で・・・途中切れそうだったけれど、相手も間違えて
押し切り勝ち。
2局目は、こちらが後手番でお互いに角道を開けたら、いきなり角交換に
来られて、調子が狂いました。棒銀を狙ったが、5六角と棒銀対策の角を
打たれて、こちらも升田式の7ニ角打ちで対抗。しかし、銀交換の後、
7七金から引いた飛車の頭に歩を打たれ、同角と取ると、8八飛車と
回られて負けになるので仕方な同飛車で角と交換。その後、粘ったけれど
終始相手のペースで押し切られました。
3局目は右四間を目指しましたが、結局8五歩とついて、相居飛車に。
すきを突いて継ぎ歩で優勢を築き、押し切りました。
4局目は相手の居飛車にこちらの右四間模様。2四歩から角交換されて、
玉側の端を先攻されて苦しい展開に。なんとか角と飛車を交換して、
攻め合いに持ち込みました。自陣に駒を投入してから、強手を連発し、
154手で仕留めました。
さて、今日の教訓です。
「序盤で不得意な形になっても、駒がぶつかり合ったら、時間のあるかぎり
 終盤まで読みを入れること。また、その集中力を養うこと」
当たり前すぎる教訓かな・・・

その集中力を養うために、私の「脳内将棋養成講座」がお役にたちます。
過去の一連の記事を見てください。ではまた。See you soon!

右四間で攻めつぶす本 (最強将棋)
浅川書房
中川 大輔

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 右四間で攻めつぶす本 (最強将棋) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






対居飛車 右四間飛車戦法(将棋最強ブックス)
創元社
屋敷伸之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 対居飛車 右四間飛車戦法(将棋最強ブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
浅川書房
金子 タカシ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



マイコミ将棋文庫SP 将棋・ひと目の必死
毎日コミュニケーションズ
金子 タカシ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マイコミ将棋文庫SP 将棋・ひと目の必死 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック