中小企業診断士、実務補習のヒント

前回に引き続き、中小企業診断士の実務補習のことについて
書きます。

成功のキーファクターは、1日目の診断企業へのヒヤリングにあります。
だいたい2時間くらいのヒヤリングになります。この時間内で、
経営層の方(主に社長さんが多いです)に会社の現状や問題点、
今後の方針などをなるべく詳しく聞きます。分からない点や疑問点は
どんどん質問します。
実務補習のメンバーは5~6人です。あらかじめ分担した分野ごとに
どんなことを聞くのかを、企業訪問の前に決めておくのが良いでしょう。

資料として、お借りするものは過去3年間の財務諸表とできれば商品毎
(またはカテゴリー毎)の売り上げや粗利益の分かるデータ等があると
なお良いでしょう。

また、診断協会へ提出する診断報告書の最初の2ページは、従業員数
給与支給状況、業績の推移など細かいことが多いので、この部分だけを
診断企業の方に埋めてもらうか、手書きしたものを後でPDFファイルなどで
送ってもらうなどするとヒヤリングの時間を有効に活用できます。

第1日目の後半はまた次回に書きます。


SWOT分析による経営改善計画書作成マニュアル
マネジメント社
嶋田利広

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SWOT分析による経営改善計画書作成マニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



中小企業のSWOT分析―会計事務所とつくるノウハウと実例
マネジメント社
嶋田 利広

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中小企業のSWOT分析―会計事務所とつくるノウハウと実例 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



戦略フレームワークの思考法
日本実業出版社
手塚 貞治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦略フレームワークの思考法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック