中小企業診断士、実務補習・報告書の章立てについて

中小企業診断士、実務補習・報告書の章立てについて、少しヒントを
書きます。

以下は、開発型・製造業の診断報告書の章立てです。

Ⅰ 経営戦略
Ⅱ 研究開発
Ⅲ 営業・マーケティング
Ⅳ 人事・労務、資材
Ⅴ 財務・会計

経営戦略、マーケティング、人事労務、財務会計はどの企業にも
必須と思います。
後はそれぞれの企業によって、必要に応じて分野を分ければよいかと思います。

あなたの実務補習のプレゼンが成功することをお祈りしています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック