脳内将棋盤養成(トレーニング)講座(将棋上達の秘訣)「天野宗歩」の名局【2】を題材にして その11

脳内将棋盤養成(トレーニング)講座(将棋上達の秘訣)
「天野宗歩」の名局【2】を題材にして その11をお送りします。

「幕末の棋聖」、「将棋実力十三段」とも謳われる、「天野宗歩」の
名局を鑑賞、ひもときながら、「脳内将棋盤」を鍛錬・養成しようという
欲張りな試みです。一昨年、天野宗歩の1局目をお送りしましたが、
今回は2局目(対 大橋宗珉戦)です。
この将棋は、対 大橋宗珉の5連戦の最終局です。1845年(弘化
二年)に指されました。
この対局の前まで宗歩の4連勝で、御城将棋で負けたことのない
宗珉に対して、圧倒的な強さを示しています。
現代の最強棋士、羽生善治と戦わせてみたいものです。

棋聖 天野宗歩手合集
木本書店
内藤 国雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 棋聖 天野宗歩手合集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本 (最強将棋21)
浅川書房
羽生 善治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本 (最強将棋21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)
浅川書房
羽生 善治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



<本講座の利用方法>
①局面を見てしっかりと目に焼き付ける。まぶたの裏にはっきり
 としたイメージが浮かぶように練習する。
②目をつぶり、そのイメージの将棋盤の上で棋譜通りに駒を進める。
③結果をはっきりとイメージし、次の局面と比較する。
④イメージと局面がぴったりと一致するまで繰り返し練習する。
⑤2手だけでなく、4手、6手、8手と手数を延ばしてみる。

<おおよそのクラス分け>
初級の方:4級位までの方
中級の方:3級~二段位までの方
上級の方:三段~四段の方
超上級の方:五段以上の方

では、本日の最初の局面です。
(局面1)
画像

<初級の方>次の2手を進めて、(局面2)と比較します。【  】内の
私のコメントも参考にしてください。
▲5六銀 △4五歩
【5六銀!!!飛車取りを放置して、将来の脅威となる垂れ歩を取りきる!
3三桂不成からの一連の構想だったに違いありませんが、飛車と桂馬の
2枚替えでよし、という着想が素晴らしい。宗珉は4五歩と飛車をとるより
仕様がありません。】

<中級の方>次の4手を進めて、(局面3)と比較します。【  】内の
私のコメントも参考にしてください。
▲5六銀 △4五歩 ▲2一桂成 △2八飛車
【宗歩は予定通りに2一桂成と桂馬を取ります。宗珉は2八飛車と打ち込んで
宗歩の玉を射程に入れました】

<上級の方>次の6手を進めて、(局面4)と比較します。【  】内の
私のコメントも参考にしてください。
▲5六銀 △4五歩 ▲2一桂成 △2八飛車 ▲3三角成 △4六馬
【3三角成として強力な馬を作ります・宗歩は馬を好んだようです。宗珉は
4六馬として次の5六馬、同金、6七銀の攻めを狙います。】


<超上級の方>次の8手を進めて、(局面5)と比較します。【  】内の
私のコメントも参考にしてください。
▲5六銀 △4五歩 ▲2一桂成 △2八飛車 ▲3三角成 △4六馬
▲5七歩 △4二銀
【宗歩は上記の攻めを防いで5七歩と受けました。これで早い攻めはないと
見ています。早い攻めのない宗珉は、4二銀と引いて馬に当て、同時に飛車道を
通してきます。】
(局面2)
画像

(局面3)
画像

(局面4)
画像

(局面5)
画像


いかがでしょうか?
初級の方は、局面2~3へ、局面3~4へにもチャレンジしてください。
中級の方は、局面4への進行にも挑戦してください。
上級の方は、局面5への進行にも挑戦してください。
超上級の方は、ご面倒ですが、前の記事の最初の局面から、今日の局面5まで
通して脳内将棋盤に並べてみてください。

では、次回もお楽しみに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック