食品表示検定 上級 模擬試験問題(第18問)

食品表示検定は、試験問題集がほとんど見当たりません。
この資格の勉強をしていても、自分の実力がどれくらいなのか
測るすべがないのが現状だと思います。

私の記事が、食品表示検定の合格を目指すあなたのお役に立てば
幸いです。

なお、このブログに載せる情報は、本日現在の情報であり、日々変化する
改正等には対応していませんのでご了承ください。
内容は「(改訂4版)食品表示検定  認定テキスト・中級」に依っています。
(上級試験のマークシート問題は、ほとんどが「認定テキスト・中級」の
内容から出題されるようです)

また、定期的な掲載ができない場合が考えられますので、その点も
ご了承ください。

最初に前回 第17問の解答です。
正解は③です。

冷凍食品は、計量法の特定商品に該当しているので、内容量は重量で表示する必要があります。
(認定テキスト・中級 155ページ参照)

では、第18問です。

18. 「しょうゆの表示」についての①~④の記述の中で、その内容が最も不適切なものを1つ選びなさい。
① 食品表示基準による用語の定義で、「こいくちしょうゆ」とは、しょうゆのうち、大豆にほぼ等量の麦を加えたものまたは米等の穀類を加えたものをしょうゆこうじの原料とするものをいう。
② 別記様式に表示する名称は、食品表示基準に定める名称の用語を用いて、「こいくちしょうゆ(本醸造)」「うすくちしょうゆ(混合醸造)」等と、名称並びに括弧を付して製造方法を表示する。
③ 「特選」「特製」「上撰」「優良」、その他「特級」「上級」または「標準」の用語と紛らわしい用語は全面的に表示が禁止されている。
④ 「長熟」「長期熟成」である旨の用語は、こいくちしょうゆ、たまりしょうゆ、さいしこみしょうゆのうち、もろみ熟成期間が1年以上のしょうゆについて、当該用語に近接して醸造期間を「〇年」(年未満切り捨て)と併記の上、表示することができる。

では、次回をお楽しみに。


[改訂4版]食品表示検定認定テキスト・中級
ダイヤモンド社
一般社団法人食品表示検定協会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by [改訂4版]食品表示検定認定テキスト・中級 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



食品表示検定認定テキスト・上級
ダイヤモンド・フリードマン社
食品表示検定協会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 食品表示検定認定テキスト・上級 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック