【新】食品表示検定 上級・中級 マークシート対策-8

食品表示検定の勉強をしていて、一番困るのが、自分の実力や弱点がわからないということです。
初級は、問題集が出版されましたが、今のところ上級・中級は問題集がありません。

上級・中級を目指す方を対象に、マークシート対策を不定期ながら連載していきます。

今年、食品表示検定を受験される方が、栄冠を得られるようにお祈り申し上げます。

では前回の問7
の解答です。

正答は3.です。

野菜をまとめて表示できるのは、生鮮または冷凍の野菜のみです。トマトペーストは括弧の外に出して別に表示する必要があります。

では、今日の問題です。

問8「原材料名の表示」に関する次の1~4の記述の中で、その内容が最も不適切なものを1つ選びなさい。
1.同一工場で「エビしゅうまい」、「カニしゅうまい」、「ホタテしゅうまい」を製造して詰め合わせている場合の原材料の表示方法は、原則として3種類の全ての原材料について、全ての原材料の重量に対する割合の多い順に表示することであるが、消費者が購入時に判断しやすいことを考慮して、「エビしゅうまい」、「カニしゅうまい」、「ホタテしゅうまい」ごとに表示することは差し支えない。
2.カレー粉等のように多種類の香辛料からなるもので、小型容器包装入りで表示面積の小さなものなどの原材料名の表示は、個々の香辛料のうち、原材料に占める重量の割合が3%を超えるものにあっては「こしょう、唐辛子」などとその最も一般的な名称をもって表示し、3%以下のものにあっては「その他香辛料」としてまとめて表示しても差し支えない。
3.原材料として、特定JAS規格に基づき格付けされた地鶏肉や熟成ハム・ソーセージ類を使用した場合、その旨を強調表示として枠外に表示することができる。
4.魚肉練り製品に複数の魚類の魚肉を使用した場合、特定の種類の魚類の名称だけを抜き出して表示することはできないが、複数の魚類を使用した際に、「魚肉(いとよりだい、れんこだい、たら、はも)」のように使用した全ての魚類をまとめて表示することはできる。

解答と解説は次回に!


[改訂6版]食品表示検定認定テキスト・中級
ダイヤモンド社
一般社団法人 食品表示検定協会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




[改訂6版]食品表示検定認定テキスト・中級 [ 一般社団法人 食品表示検定協会 ]
楽天ブックス
一般社団法人 食品表示検定協会 ダイヤモンド社ショクヒンヒョウジケンテイ ニンテイテキスト チュウキ


楽天市場



この記事へのコメント

みやど
2019年02月26日 15:12
前回の選択肢2は出題ミスではないでしょうか。「農産物加工食品については、有機農産物の日本農林規格に基づき…に限り…」のつもりではないでしょうか。畜産物についてはやかましくはないので。
みやど
2019年02月26日 15:43
今回は2ですね。3%でなく2%ですね。
(一応、3については表示自体はできても100%でなければ割合表示が必要)
みやど
2019年04月17日 18:35
古い過去問抜粋が公式サイトの隠しファイルになっているので、一部の問題の不備を指摘したら、大量削除されました。Googleのキャッシュは残っているので、解きたい人は早めにキャッシュを保存することをお勧めします。

この記事へのトラックバック