テーマ:マーケティング

「スリーエス」ミニ四駆ナイトのお知らせ

知り合いの「マルチエンタメ食堂」のイベントのお知らせです。 -------------------------------------- 子供達を虜にした「ミニ四駆」を大人たちが再び遊ぶナイト! 自慢のマシンをコースで走らせよう! コースを2つ組み合わせたスリーエスサーキットを試験的にセッティングします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【マーケティング道場】「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」を読んでいます。

【マーケティング道場】 「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」を読んでいます。 「グレイトフル・デッド」とうバンドをご存知ですか? アメリカのライブ興行で大成功を収めた、バンドグループです。 1965年に結成して以来、全米の大勢のファンを虜にしてきました。 そのバンドの成功の秘密は、類まれなる「マーケティング」にあった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「逆境経営」<山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法>を読みました。(中小企業のマーケティング)

本当にお久しぶりです。 久々の「マーケティング道場」です。 「逆境経営」<山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法>を読みました。 山口県の山奥の旭酒造。いつ倒産してもおかしくない状態で3代目を引き継いだ 著者の桜井社長の赤裸々な悩みと、そこからの逆転発送。 お酒を作る杜氏の歴史的な職人の世界に、数値管理を導入してマニュアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「丁寧を武器にする」という本を読みました。

「丁寧を武器にする」という本を読みました。 (なぜ小山ロールは1日1600本売れるのか?) 私の気にいったフレーズをいくつか・・・ 「どのような味にして、どのような順番で提供すれば 自分が想いが伝わるのか」 「アイデアを思いついたら、まず企画を考える。 そのテーマで何を伝えたいのかを考えるのだ」 「どんなものを作りたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本気の経営改善を目指す方に・・・おすすめの本です。

「もう終わってる会社」(本気の会社改革のすすめ)という本を読みました。 語り口が過激で、内容もかなり過激ですがこれまでの経営戦略の裏側から 会社改革を見直してみようというものです。 曰く、 「選択と集中の戦略と決別せよ」 「中期経営計画などやめちまえ」 「顧客至上主義を捨てよ」 これだけを表面的にみてはいけ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「共創」という考え方・・・「応援したくなる企業」の時代 を読んで・・・

つい先ほど、「応援したくなる企業」の時代という本を読み終えました。 「応援したくなる企業」の時代 マーケティングが通じなくなった生活者とどうつき合うか (アスキー新書)アスキー・メディアワークス 博報堂ブランドデザイン Amazonアソシエイト by この本の中に、私のハンドルネーム「共創文化研究所」に使っている「共創」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。)という本を読みました。

(「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く。)という本を 読みました。 かなり、「目からうろこ」な内容でした。 その「手っ取り早いTO DOダイジェスト」から。 1.自分の会社をつぶすにはどうすればいいのかを考えよう。 2.「たった1人」に集中しよう。 3.感染(うつ)すんです。 4.FACE(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「僕たちは アイデアひとつで 未来を変えていく。」という本を読んでいます。

「僕たちは アイデアひとつで 未来を変えていく。」という本を読んでいます。 これがなかなか面白く、今日も電車の中で読んでいたら、早速仕事について の、今まで考えもしなかったアイデアを思いついてメモしてしまいました。 内容の一部です。 ・「自分の困った」を探せ ・ライバルをつくれ(企画や商品を競わせる) ・「常識のウソ」を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「価格競争を避けるしくみをつくる」・・・「技術力」だけでは儲からない!

昨日は、開発会議の日でしたが、早めに終わらせ定時に退社して、 会社の近くにあるビジネス図書館で、無料のセミナーを受けてきました。 「無料」というものにとても弱い私です。 【「技術のある会社」がなぜか儲からない本当の理由】というテーマで、 船井総研のコンサルタント片山和也氏のセミナーでした。 さすがに著名コンサル会社の講師だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商品開発における「リーンスタートアップ」の応用例(パルシステム)

師走も押し迫り、厳しい寒さの続く今日この頃ですが、 いかがお過ごしですか? さて、今日は商品開発における「リーンスタートアップ」の応用例として 「産直小麦を使ったパン」の開発(神奈川パルシステム)を紹介します。 私のところも「パルシステム」を利用しているので、商品化されるのが 楽しみです。あなたも是非上のサイトにアクセスし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ストーリーとしての競争戦略」楠木 健 著 を読んでいます。

めっきりと秋めいて、今朝は風が強く寒いくらいでした。 さて、取引先の方の勧めもあり、 「ストーリーとしての競争戦略」楠木 健 著 を読んでいます。 かなりボリュームのある本ですが、説明が平易で具体性があるので とても読みやすいです。 未だ第1章ですが、「戦略」はストーリーであるべきと訴えています。 静止画的な経営…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今日は「フードサービス研究会」がありました。

今日は「フードサービス研究会」がありました。 今回は私の発表の​番でしたので、「コンビニ業界の動向と商品開発事情」 というテー​マで一時間半ほどのプレゼンを行いました。 プレゼンといっても四​人が座りながらですので、途中でどんどん質問があり、 それについ​て答えたり、議論し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンビニエンスストアで「チルド寿司」全国発売!!!

宣伝で申し訳ありません。昨日、全国のあるCVSで「チルド寿司」が 発売されました。私が半年以上関わってきた商品です。大きなマグロと 身厚のサーモンが自慢です。3カン、6カン入りもあります。お近くのお店で 見かけたら是非ご賞味ください。 チルド寿司 超低温管理のマグロ、シャリも冷蔵で硬くならないようなレシピの工夫と 新型成型機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日、経営研究会の定例会が有りました。

昨日、経営研究会の定例会が有りました。 外部の講師の方に、コミュニケーション能力の向上についての セミナーを受けました。 「ある刺激に対して、反射的に答えるのではなく、今、自分が批判者なのか 学習者なのかを自分に問いかけること。」 「質問を多くして、相手に話してもらうことが、リーダとしての コミュニケーションの要である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーソナル・プラットフォーム戦略」と言う本を読んでいます。

さてさて、会社の近くの「ミニ桜並木」も一気に「八分咲き」になり、 春爛漫の予感があふれてきていますが、本当に暖かくなるのは もうひと辛抱が必要のようです。 「パーソナル・プラットフォーム戦略」と言う本を読んでいます。 パーソナル・プラットフォーム戦略 (ディスカヴァー携書) (ディスカヴァ-携書)ディスカヴァー・トゥエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スイッチ」再び読みました。

「スイッチ」再び読みました。 スイッチ!早川書房 チップ・ハース Amazonアソシエイト by この本は、組織や個人の行動を変える「スイッチ」することで、成果を上げる 為の具体例が書かれています。 人の脳(心)にある、「象使い」(理性)と「象」(感情)に訴えかけることで、 人々の行動を劇的に変えて、成果を上げること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「すべては戦略からはじまる」という本を読みました。

「すべては戦略からはじまる」という本を読みました。 すべては戦略からはじまる―会社をよくする戦略思考のフレームワークダイヤモンド社 西口 貴憲 Amazonアソシエイト by ゲームソフト作製・販売会社を舞台にした、物語を進める中で 「戦略論」を分かりやすく理解できます。 中小企業診断士試験に出てくるような「フレームワーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形市で美味しい「回っていない!」回転すしを食べてきました。

3/21・22と展示会で山形市へ出張してきました。 ネットで調べて、美味しい「回っていない!」回転すし屋さんに入ってきました。 (回転レーンはあるのですが、注文するとすぐににぎってくれるのです) 南原太助寿司 60歳代のご夫婦と若い衆1人で切り盛りしています。 水曜日の夕方5時半前に入ったのですが、家族連れが一組とお持ち帰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食品関係研究会がありました。(その後で、インド料理のお店の研究です)

先週末に、(仮称)食品関係研究会の第1回目の打合せに参加しました。 研究会の主旨、目的、活動内容、定例会頻度等を話し合いました。 その後で、メンバーの診断士の方の紹介で、オープンしたての インド料理店で食事しました。インドの方が3人で切り盛りしています。 (少なくとも接客してくれたスタッフの日本語は十分でした) スパイスメラ(…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

札幌で「ジンギスカン」を食べてきました。

少し前の話になりますが・・・ 3/12に出張で札幌へ行ったときに「ジンギスカン」を食べてきました。 札幌駅前にほど近い「利一」という店です。石狩ジンギスカン 利一 ここは以前にも2回ほど来ています。その時の店の名前は「マルダmaruda」でした。 店の名前は変わっていましたが、店内のレイアウトはそのままで、ジンギスカン専門から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本場で讃岐うどんを食べてきました。美味しかった!!

3/13 3/14は出張で、香川県高松市に行ってきました。 高松駅前の「めりけん」という うどん屋さんに入りました。 いわゆる「おばあちゃん」がやっているような街道沿いの お店ではなく、新しい立派な店構えのところでした。 入ったのは午後の8時頃だったと思います。 (街道沿いのお店は3時頃には閉店するようです) かけう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び、「コンサルタントが役に立たない本当の理由」について

再び、「コンサルタントが役に立たない本当の理由」を読み返しています。 コンサルタントが役に立たない本当の理由中央経済社 日沖健 Amazonアソシエイト by 「コンサルティングの本質」について、多くの気付きが得られました。 その一部をご紹介します。 「大切なのは問題を指摘することではなく、たくさんある問題の中から、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しいラーメンについての考察

2/29~3/1が福岡、3/6~3/7は神戸に出張していました。 その時に食べたラーメンについて考察します。 これは、福岡の「赤のれん」大盛りラーメンです。 写真は麺を半分以上食べた状態です。・・・かなりのボリュームです。 スープはもちろんトンコツですが、臭みのない食べやすい味でした。 麺はかんすいの少ない細い平麺で、いわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『コンサルタントが役に立たない本当の理由』(題材:食品卸売業の経営改革)を読んでいます。

今日は寒い雨になりましたね。雨が降ったら傘をさしましょう。  さて、昨日から『コンサルタントが役に立たない本当の理由』を読んでいます。 コンサルタントが役に立たない本当の理由中央経済社 日沖健 Amazonアソシエイト by この本は、中小企業診断士として、何度も読み返したい本です。 「コンサルティング」とは何か?「コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「経営の心得」という本を読んでいます。

厳しい寒さの中に、わずかな春の息吹を見つけて 少し嬉しくなる、そんな今日この頃ですが、いかがお過ごしですか? さて、今、「経営の心得」という本を読んでいます。 経営の心得 ~最高の社員を育てるリーダーの決断と行動~大和書房 小山 昇 Amazonアソシエイト by  全くありふれた書名ですが、中身は「読みやすく」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーケテイングに役立つ本・・・特に地方を元気にしたい方に。

「月3万円ビジネス」という本を読みました。 月3万円ビジネス晶文社 藤村靖之 Amazonアソシエイト by エコな活動を中心にして、地方でのスモールビジネスのヒントが たくさん載っています。実例も豊富で、分かりやすい。 実例のまま実行するのは二番煎じですが、考え方のヒントに なると思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中小企業診断士、実務補習の流れはこんな感じです。

1/6に中小企業診断士の合格発表があります。 さあ、いよいよ実務補習です。実務補習の流れは次のような感じです。 実務補習の日程を確認する。 申し込みをする。実務補習インターネットによる申し込み 料金を振り込む。 中小企業診断協会から、資料が送られてくる。 実務補習開始前1週間くらい前に指導診断士からメールで 事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「御社の特許戦略がダメな理由」を読んでいます。

「御社の特許戦略がダメな理由」を読んでいます。 御社の特許戦略がダメな理由中経出版 長谷川 曉司 Amazonアソシエイト by 未だ半分くらいですが、ここまでの要約は、「攻めの特許戦略」が重要である。 排他力を最大にする。経営戦略の一環としてとらえる。特許を出すだけでは、 「敵に塩を送る」ことになる。 「特許」に詳しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中小企業診断士、口述試験の合格率は99%以上です。今後の実務補習について。

中小企業診断士、口述試験を受けられた方はお疲れさまでした。 1/6(金)の合格発表が待ち遠しいですね。 中小企業診断士、口述試験の合格率は99%以上です。約10分間の 「面接」で、試験官の質問に対して何も言葉を発しないとか、意味のない 会話をしたとか、酔っぱらって試験を受けたとか、暴れたとかしていなければ 必ず受かります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more