脳内将棋盤、養成講座(将棋上達の秘訣) 「天野宗歩」の名局を題材にして

おはようございます。今朝はちょっと北風が寒いですね。

さて、タイトルを「訓練講座」から「養成講座」に変えました。なぜって。
「大リーグボール養成ギブス」みたいでかっこいいから。

たわごとはこれくらいにして、早速次の局面を脳内の将棋盤にイメージして
まぶたの裏側に焼き付けてください。

画像


次に下の棋譜を読み込んで、頭の中にイメージした将棋盤の
上で駒を動かし、その結果を強烈にイメージしてください。

▲6八玉
△6二銀

そして、次の局面と比べてください。

画像


【このあたりから王様の囲いに移ります。先手は6八王と飛車と反対の
方向に移動させます。(「玉飛接近すべからず」という格言が有名です
・・・最近は右玉戦法も有力で玉飛の接近はかなり見られるようになり
ました。)江戸の頃はまだ普通に囲っています。後手の宗歩も6二銀と
中央に備えます。】

いかがでしょうか?ご自分のイメージとこの局面が完全に一致するまで
繰り返し訓練してください。


本日は、超上級者向けに脳内将棋盤上で、8手進めてもらいます。

画像


▲8八銀 △7七角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲4八銀 △3三銀 ▲6八玉 
△6二銀

結果を強くイメージして、次の局面と比べてください。

画像


いかがでしょうか?かなり難しいと思いますが、脳内将棋盤上で8手も
正確に駒を動かすことができれば、アマチュアでも4段以上の実力でしょう。

次回は序盤戦の佳境に入っていきます。お楽しみに。



四段の終盤 (実力養成シリーズ)
毎日コミュニケーションズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 四段の終盤 (実力養成シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

三段の終盤 (実力養成シリーズ)
毎日コミュニケーションズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三段の終盤 (実力養成シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

初段の終盤 (実力養成シリーズ)
毎日コミュニケーションズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 初段の終盤 (実力養成シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック